求人に
応募する
PROJECT
一次産業を守り、世界に広める。農林水産省が「総合職」を含む複数ポジションを公募。

一次産業を守り、世界に広める。
農林水産省が「総合職」を含む
複数ポジションを公募。

日本の一次産業を守り、育て、広めるため――鍵を握るのは、多様な民間出身者の登用。
生命を支える「食」と、安心して暮らせる「環境」を未来の子どもたちに継承していくことを使命に掲げる農林水産省。食の安定供給や一次産業の振興、環境保全など、幅広い領域の政策を推進しています。中でも省全体で掲げている重点テーマの1つが「輸出促進」です。政府全体で2030年までに農林水産物・食品の輸出額を5兆円に引き上げるという挑戦的な目標が掲げられ、同省では様々な施策を企画・推進しています。

重点テーマである輸出強化をはじめ、様々な政策をより強力に推進していくために、農林水産省が力を入れているのが中途採用です。実は中央省庁の中でも、国家公務員試験なしの民間出身者の採用をいち早く実施してきた同省。年間の中途採用者比率は直近3年で8%→22%と約3倍に増加しており、多様な人材の受け入れが着々と進んでいる状況です。今後も多様なバックグラウンドを持つ人材を迎え入れ、組織を強靭なものにするため、今回、エン・ジャパン協力のもと複数職種で公募を行なうことになりました。
国家公務員試験なし。 総合職をはじめ、輸出、国際、知財など複数ポジションで民間人材を公募。
今回は、事務系および技術系の「総合職」と技術系の「一般職」に加え、重点テーマである輸出強化などを担う輸出・国際局への配属となる「輸出担当」「国際担当」「ブランド化担当」の公募を実施。食や環境など身近な領域を広く扱う農林水産省だからこそ、これまで培ってきた専門性を活かせる機会が豊富に用意されています。

また、同省独自の選考採用として、いわゆる国家公務員試験(教養試験などの筆記試験)を介さず、一般企業に近い形で選考を実施。より多様な候補者を募る狙いです。加えて今年度は、事務系の総合職は年4回、技術系の総合職と一般職は年2回の募集を予定(事務系は7・9・12・2月、技術系は7・11月を予定。時期や募集職種は変動可能性あり)。複数回にわたって公募を実施します。

エン・ジャパンは「エン転職」「AMBI」「ミドルの転職」といった求人サービスを通じて募集をサポート。人材の採用から入庁後の活躍・定着まで一貫して支援します。日本の一次産業を守り、育て、広める──壮大なミッションに挑む志ある方からのご応募をお待ちしています。

求人6件 掲載中!

本プロジェクトに関するお問い合わせ・取材依頼先
エン・ジャパン株式会社 ソーシャルインパクト採用プロジェクト事務局
TEL:03-3342-6590
E-mail:social_impact@en-japan.com
SHARE
シェアして応援!
一次産業を守り、世界に広める。農林水産省が「総合職」を含む複数ポジションを公募。
シェアしてこのプロジェクトを応援!
CONTACT
お問い合わせ
「ソーシャルインパクト採用プロジェクト」に関するお問い合わせを受け付けています。
(参画のご相談、取材のご依頼、自治体・官公庁・企業・団体向けセミナーの登壇依頼など)
是非、お気軽にお問い合わせください。