Drone Fund × エン・ジャパン
ドローンで世界を変えろ。
Next Drone Innovators 採用プロジェクト

実は、日本はドローン先進国。遠くない未来に「空の産業革命」が起こる。



かつて、技術大国として名を馳せた日本。次なるテクノロジーの注力分野として、いま注目が集まっているのが無人航空機「ドローン」です。官民が一体となって、イノベーションの創出に挑んでいます。

実は「ドローン先進国」として、かなり法整備と実証実験が進んでいる日本。2018年にはすでに「郵便局間のドローンによる輸送」の実験がスタートしています。そして経済産業省の掲げるロードマップでは2022年に「市街地での目視外飛行」が実現予定。人々の生活圏で、当たり前にドローンが飛び交う世界が、もう目前まで来ています。

無人での自動配送、狭所や危険な場所での救助活動、そして「空飛ぶクルマ」など──ドローンの爆発的普及により、あらゆる産業で革命が起こることは間違いありません。「空」という、人類が活用しきれていないフロンティアを開拓する。そのために多くの人材が必要になってきました。





ドローンへの投資は「日本再興」の希望。エン・ジャパン、採用プロジェクト始動。



次の時代を創るテクノロジーの発展を、全力で支援したい。その一心からエン・ジャパンは、ドローン産業への支援をスタート。ドローンに特化したベンチャーキャピタル『Drone Fund』と連携し、新たな人材「Next Drone Innovators」の採用プロジェクトを開始しました。

Drone Fundが出資する、有望なスタートアップ6社。その求人を『AMBI』『ミドルの転職』で展開し、若手層・ミドル層における、未来を担う人材の採用を支援します。

ドローンを活用して新たなサービスを企画・実現するビジネスサイドから、ハードウェア・ソフトウェア両面の知識を駆使してドローン開発を進める技術サイドまで、活躍の場は大きく広がっています。「空」の可能性を信じ、新たなサービスや機体を生み出す。そんな仕事に魅力を感じる方に、ぜひご応募いただければと考えています。


※詳細は、下記リンクより『Drone Fund』共同創業 代表パートナーである大前氏の特集インタビュー記事や、各求人情報をご覧ください。

AMBI特集記事をチェック