enjapan|エン・ジャパン

豊富な機能!お客様の「あったらいいな」をご用意しました。

エン・ジャパン株式会社が選ばれる理由

コストパフォーマンスの高さ(費用が安く・できることが多い)ゆえに選ばれています。
「ノンコア業務を徹底的に効率化したい」といったニーズに的確にお答えいたします。

  機能 エン・ジャパン株式会社 一般的な
採用システム
オプション
機能
自動振分け機能
(年齢・性別・大学などで振分け)
×
応募者の自動一元化機能
(自社HP、人材紹介会社、求人媒体)
アラーム機能
重複チェック機能
アクセス権限機能
メール送受信機能
自動メール送信機能
セミナー予約機能 オプション
面接予約機能 オプション
マイページ機能 オプション
アンケート機能 ×
集計・分析機能
エージェントID発行 無制限 制限あり
管理者・面接官ID発行 無制限 制限あり
データ保持期間 計3年分保持 当年のみ

戦略的採用システムでは様々な経路からの応募受付けに対応しており、分散しがちな応募情報の一元管理を実現します。

人材紹介会社からの応募受付

中途採用では応募の大半が人材紹介会社(エージェント)からの紹介であることを考慮し、戦略的採用システムではエージェントとのコミュニケーション機能を備えています。 システムを介して紹介の受付、エージェントに対する求人情報の公開、募集開始・終了通知の送信、不採用連絡などを行なうことが可能。エージェントとのコミュニケーションを少ない労力で円滑に行なえるようにしました。

1

紹介者応募情報登録

エージェント専用の応募情報登録フォームを用意し、紹介者の応募情報を紹介会社の担当者が直接システムに登録できます。
また、エージェント用のフォームではファイルのアップロードも可能になっており、情報登録時に履歴書などの電子ファイルを併せて添付することが可能。
紹介時のメールのやり取りを省くだけでなく、応募書類をシステム上で管理することができるようになるため情報の分散を防ぐことができます。

2

エージェント管理

エージェントの会社名、連絡先(メールアドレス及び電話番号)などをシステムに登録することが可能です。メールアドレスを登録することで、エージェントへのメールをシステムから直接送信したり、各種アラートを飛ばすことが可能になります。

3

権限制御

エージェント別に応募情報を公開する職種を制限する、エージェントには選考過程の情報を見せないといった「エージェントに対する情報公開の範囲」を制御することが可能です。公開範囲については貴社のご要望に沿うよう、柔軟に対応いたします。

4

各種通知

エージェントへの連絡の手間を軽減するための様々な通知機能に対応しています。
例えば、エージェントに対して募集開始・終了の通知を簡単かつ任意のタイミングで一斉に送信することが可能です。
また、エージェント経由の応募者が不採用となった場合、「通知」ボタンをクリックするだけでエージェント宛に不採用通知を送信することが出来ます。
※メールのひな型はあらかじめ登録しておく必要がございます。

▲ PAGE TOP

応募情報のインポート

戦略的採用システムでは、様々なフォーマットのデータをインポートすることが可能です。
転職サイトからダウンロードしたデータなどをシステムにインポートすることで、応募情報の集約・一元管理を実現します。
また、他システムからダウンロードしたデータや従来社内で使用していた管理用のエクセルデータのインポートにも対応。
スムーズなシステム導入を可能にします。
また、過去の応募情報を取り込むことで、重複応募者のチェックなどに活用することが出来ます。

1

インポート可能なデータフォーマット例

  • リクナビNEXT・マイナビ・en Japan等の転職サイトのダウンロードデータ
  • 他システムのエクスポートデータ
  • 社内で利用しているエクセルデータ
    ※上記に記載のないフォーマットであっても対応可能な、汎用的なインポート機能がございます。

▲ PAGE TOP

アクセス権限を管理する

採用プロセスには人事部だけでなく、各部門のメンバーや転職エージェントなど、様々な立場の人がかかわります。そのためシステム利用者のタイプ別にシステム上の権限を設定し、情報漏洩のリスク低減を図っています。

1

管理者

人事部用の権限です。採用情報の管理、応募者の管理、面接官、エージェントに対する権限のコントロール、集計の確認など、システム上の全ての機能を利用することが可能です。 また、作業担当者用の権限として、応募者の管理のみ可能とするなど、下位権限を追加することも可能です。
2

面接官

各部署の面接担当者用の権限です。面接を担当する応募者の情報確認及び合否結果の登録のみを許可しています。他部署への応募者や自分が面接を担当しない応募者の情報は一切閲覧することが出来ないようになっており、不用意な情報漏洩を防ぐことが可能です。
3

転職エージェント

現在応募を受付けているポストの確認および 紹介したい応募者の応募情報の登録と紹介済みの応募者一覧の確認が可能です。

▲ PAGE TOP

採用応募者を検索する

採用業務の中でも大きな割合を占めるのは応募情報の検索・抽出作業です。 戦略的採用システムでは、検索を効率化するために様々な機能を備えています。

1

検索

氏名やメールアドレスなどの個人情報だけでなく、進捗状況や面接予定日など様々な条件で採用応募者を検索することが可能です。
また、これまでに培ったチューニング技術を活用し、検索の高速化を実現。業務効率の向上に貢献します。
2

検索条件保存

採用応募者の検索条件を保存しておくことが可能です。頻繁に検索する条件を保存しておくことで、検索の都度条件を設定する手間が省けます。
3

検索結果との連動

検索で抽出した採用応募者に対しスムーズにアクションを取る事が可能です。
検索結果と連動する機能として、 メール送信やデータのダウンロードだけでなく、ピックアップした採用応募者に付箋を貼り管理する付箋機能も備えています。

▲ PAGE TOP

メモ

選考フローにおける各採用応募者の評価は単なる合否にとどまらず、面接官のコメントや本人への通知理由、コンタクト履歴までシステムに登録が可能。採用・不採用理由の管理・確認が容易になります。
また、採用応募者についての申し送り事項などもメモとして作成し残しておく事ができ、連絡を簡略化し負担を軽減します。

▲ PAGE TOP

自社採用サイトへの対応

自社採用情報サイトも重要な応募経路の一つです。そこで、戦略的採用システムでは、募集している職種の一覧や求人情報を掲載するページを生成・公開する機能を用意しました。
求人情報ページの生成はシステムが自動で行なうため、システムに求人情報を登録するだけでOK。求人が発生する度にシステム部門や外注先にページ作成の依頼をする手間が省け、簡単かつスピーディに求人情報の公開・更新を行なえるようになります。
また、企業イメージを損なわないよう、職種一覧・求人情報・エントリーフォームそれぞれのデザイン調整に柔軟に対応しております。

[エントリーフォームデザイン例]

  • 募集職種画面

    ZOOM

  • 募集要項画面

    ZOOM

  • エントリーフォーム画面

    ZOOM

応募者ヘの連絡、エージェントのヘの各種通知、面接官への面接依頼など、日々の業務で発生する連絡業務をシステム上で行なうことが可能です。

メール送受信

戦略的採用システムではメール送信機能を備えており、採用担当者と応募者・面接官・転職エージェントとの間のコミュニケーションが円滑に行なえるようサポートします。

1

一括配信機能

複数の応募者・面接官・転職エージェントに対してまとめてメールを配信することが可能です。
特にエージェントに対する募集開始の案内や、面接官への面接の依頼等をスムーズに行なうことが出来ます。

2

メールひな型登録機能

面接日の案内や選考の合否だけでなく、エージェントに対する募集開始通知や面接官への面接依頼まで、採用業務では様々な連絡業務が発生します。
煩雑な連絡業務を少しでもスピーディに処理できるよう、メールのひな型をあらかじめ登録しておき、ワンタッチメールが作成できる機能を搭載しました。

3

ファイル添付機能

戦略的採用システムでは、あらかじめシステムにアップロードしたファイルをメールに添付して送信することも可能です。
内定者に対して入社に必要な書類等をメールで送付する際などに便利です。

▲ PAGE TOP

メールアラート機能

日々の業務に追われて新たな応募者の情報を見落としてしまったり、応募者への対応が漏れてしまうことのないよう、戦略的採用システムではアラートメールを送信する機能を備えています。
お客様のご要望にあわせてメールの送信条件、メールを送るタイミング等を設定することが可能です。

1

アラートメール設定例

  • 一定期間ステータスの変更がない応募者名の通知
  • 対応待ちとなっている応募者数の通知
  • 面接予定者の通知

説明会を行う場合、開催告知や定員・予約管理など業務が煩雑になりがちです。そこで説明会の管理を支援するセミナー管理機能を用意いたしました。

セミナー面接管理

戦略的採用システムでは、応募者を対象としたセミナーや面接会の管理機能を備えています。
セミナーごとに定員を設定することも可能で、参加者が定員に達すると自動的に予約が出来ないようになり、手違いによる定員オーバーなどのミスを減らします。

1

セミナー面接情報の登録

システム上で応募者向けのセミナーの開催日時、定員、参加受付締切日などのセミナー情報の登録が出来ます。
また、応募者の属性によって公開するセミナーの情報を制御する機能も備えており、選考が進んでから開催するセミナーにも対応可能です。

【設定可能な項目】

  • セミナーの公開範囲
  • 開始・終了日時
  • 定員 ・受付開始・締め切り日時
  • キャンセル可能日時
2

セミナー面接の管理

開催予定のセミナーの予約状況および各セミナーの参加者の一覧の確認・データのダウンロードが可能です。

3

セミナー面接予約

応募者はマイページでセミナーの開催スケジュールを確認し、その場でセミナー予約・キャンセルの操作を行うことが出来ます。

マイページ

マイページでは応募者に対して、通常メールや郵送などで通知している、職務経歴書や面接の日程情報等を簡単に配布・取得する為の機能です。

1

お知らせ

マイページを確認できる応募者に対して、一括でお知らせを表示できます。
添付ファイルにも対応しておりますので、職務経歴書やエントリーシート等を応募者に
ダウンロードしてもらい、面接までにシステム内部に登録するといったことが行えます。
2

送信・受信メール

応募者が送受信したメールを一覧で見ることができます。
3

情報の確認編集

就職サイトから取得した情報の他に、選考する際に必要な情報を
追加で取得することができます。
応募者自身が入力した内容の確認にも利用できます。
4

セミナー・面接情報

応募者が参加できるセミナー・面接の情報を表示したり、
予約済のセミナー・面接の確認が行えます。

▲ PAGE TOP

アンケート

応募者に対して、応募フォームや媒体では取得しきれなかった情報をアンケート形式で質問することができます。

1

回答形式

応募者マイページや専用URLからアンケート形式でご回答いただけます。
例) :マイページから本エントリーする際の志望職種(単数選択・複数選択)
    お持ちの資格やスキル(記述形式)
    スキルシート形式のアンケート(ファイル形式)
2

アンケート結果

ご回答いただいた内容は、システム内で検索・閲覧・ダウンロードが可能です。

▲ PAGE TOP

採用戦略の見直しや立案に当たって採用活動のデータの分析は不可欠です。集計機能を利用することで、必要なデータの取得や月別の推移をシステム上で確認することが可能になります。

集計分析

システムに蓄積されている様々なデータを活用し、採用活動の見直しや次年度以降の採用計画を立案する際に採用状況を客観的に把握出来るよう、集計機能を用意しております。

1

応募経路別効果測定

転職エージェント、転職媒体、HPからの直接応募などの応募経路別の応募数、内定者数、辞退者数などの採用実績を集計します。採用実績の高いエージェントや転職媒体を把握することで、採用予算の配分を決定するに当たっての参考資料として活用することが出来ます。

2

期間別集計

各月のデータだけでなく、3ヵ月ごとや半年ごとなど任意の期間での応募数、内定者数、辞退者数等のデータの集計し、グラフで表示することが可能。一定期間のデータをグラフで確認することで、採用状況の推移を容易に把握することが出来ます。

3

応募単位別集計

職種などの応募単位別に応募数等の採用状況のデータだけでなく応募経路や性別・年齢・住所などの応募情報を集計し、分析することが可能です。 職種ごとの応募傾向の分析を可能にし、次回以降の広告出稿やエージェントへの情報開示を検討する際のデータとして活用できます。

応募情報をダウンロードする

システムに登録されている応募情報および選考履歴の情報をダウンロードすることが可能。
必要な情報だけをピックアップしてのダウンロードや、ダウンロードフォーマットを作成してシステムに登録しておくことなどが出来ます。
保存用のデータとしてダウンロードするだけでなく、面接予定者の情報を一括でダウンロードし、出欠の確認用シートとして活用することも可能です。

また、社内人事システムと連携するためのデータエクスポートにも対応可能です。お気軽にお問合せ下さい。

▲ PAGE TOP