採用管理システム1つで
「手間・無駄・コスト」を一気に解消

RIZAP株式会社RIZAP株式会社

INTERVIEW POINT

  • 採用活動を「可視化」し、素早い仮説検証が可能に
  • 採用業務の工数の削減とコストダウンを同時に実現

採用規模が大きくなるにつれて、管理工数の削減が必須だと実感

RIZAP株式会社様インタビュー

Cycle導入前の採用管理の課題はなんでしたか? 主に2つありました。
1つ目は、採用効率を上げるためのデータ集計ができなかったことです。以前は他社の採用管理システムを使っていたのですが、項目が固定で必要な数値を取れず、手作業でカウントをしていました。様々な採用手法を使っていたため、集計作業がかなり手間になっていましたね。

2つ目は、応募者対応の工数が思ったより多かったことです。具体的には、メールのテンプレートを毎回作り直したり、資料を別の方法で送付したりしていました。一括管理できるものの、業務工数は想定ほど減りませんでした。

当時からグループ全体の採用管理もまとめて行なっていましたが、これ以上採用規模が拡大すると対応しきれなくなると感じたため、柔軟に一括管理できる採用管理システムの導入を検討することにしました。

採用活動を円滑にできるイメージが持てました

RIZAP株式会社様インタビュー

なぜCycleを導入しようと思いましたか? カスタマイズ性と言いますか、職種ごとに求めている微妙な違いをきちんと反映できる柔軟性が決め手でした。細かいですが、選考ステップごとにメールのテンプレートを用意することができたり、選考ステータスに準じてメールを自動送信できたり、「これができたら…」と思うことが実現できています。応募者の一覧画面に表示する項目も、イングリッシュ事業はTOEICのスコアを表示させるなど、カスタマイズをしています。いる・いらないをシステムに反映できる柔軟性の高さは嬉しいですね。

想定以上の導入効果を実感しています

RIZAP株式会社様インタビュー

Cycleを導入したことにより課題にされていた事は解決されましたか? とても助かっています。
集計は、CycleからCSVデータをダウンロードして行なっています。弊社で作成した集計用のエクセルにCSVデータを貼り付けるだけで完結できるため、ほとんど手間なく数値を可視化できています。募集職種によって採用難易度が異なるため、最適な採用手法を費用対効果から分析できるのは助かりますね。もちろん、事業部別や職種別、採用手法別など、必要な情報はすべて出せるので、効率的な採用活動を実現したい当社には最適です。

それだけでなく、メール対応の工数削減によって大幅なコストダウンもできました。当社では応募者対応の一部をパートナー企業に委託しているのですが、そこに依頼する工数を減らせたことで費用も抑えられるようになりました。2つの課題を解決できる以上の導入効果は嬉しい誤算です。

採用管理システムは機能だけでなく運用フォローも含めて選択すべき

RIZAP株式会社様インタビュー

便利に感じている機能はなんですか? 全体の応募者管理ができることです。当社では常時、複数の職種で採用活動を行なっている中で、いくつかの職種にご応募いただく方がいらっしゃいます。そうした方がひと目で判別できる機能は、機会損失や対応のロスが防げるのでありがたいですね。

もう一つ、機能ではないのですが専任のサポート担当がつくことです。当社の選考フローやCycleの活用方法をご理解いただいているため、イチから説明せずとも素早く希望通りの対応をしていただけます。やりたいことや知りたいことに最短でたどり着けることも、システムの利用には大切だと実感しています。

RIZAP株式会社
RIZAP株式会社
完全マンツーマンでトレーニング指導から食事のアドバイスまで行なう、会員制プライベートジムを運営しているRIZAP株式会社。現在、会員数は10万人を超え、メディアに多数取り上げられている成長企業。 さらなる事業拡大を実現するためには、今以上にパーソナルトレーナーを採用することが欠かせない同社。そんな中、中途採用の管理ツールとして「Cycle」を導入。

採用管理システム「Cycle」

採用業務の一元化・効率化と選考プロセスの見える化により、中途採用管理をより最適化できる採用管理システムです。

採用管理で作業が煩雑になる、応募経路別の集計作業や中途採用媒体からの応募者対応等について効率的な管理を実現することができます。
その他にも、自動処理対応機能や、アンケート機能、説明会のWEB予約機能など多数の標準機能を実装しています。

Cycleを導入することで、応募者管理がラクになり、重点を置きたい面接など、応募者とのコミュニケーションに力を入れることが可能になります。

採用管理システムをすぐに導入検討をされていない場合でも、お気軽にお問い合わせください。