●外国人雇用の注意点は?外国人労働者を受け入れるメリット・デメリット

外国人雇用の注意点は?外国人労働者を受け入れるメリット・デメリット

少子高齢化にともなう労働人口の減少に備え、近年、政府は外国人労働者の受け入れ拡大政策を打ち出しています。その影響か、日本で働く外国人労働者の数は年々増加傾向にあり、外国人労働者の需要は今後さらに拡大していくと考えられています。
そこで今回は、外国人労働者を雇用する際の注意点や、外国人労働者を受け入れるメリット・デメリットについてご紹介します。

【1】外国人労働者を受け入れるメリット・デメリット

【1】外国人労働者を受け入れるメリット・デメリット

外国人労働者を受け入れるメリットは、企業によってさまざまです。
まず、製造業などの人材が不足している業種は、外国人労働者を受け入れることによって若い労働力を確保することができます。
また、各国の文化に精通して高い語学力を有する外国人を採用し、グローバル化や国際競争力の強化に役立てている企業もあります。さらに、外国人の持つ日本人にはない発想を取り込み、ダイバーシティ(多様性)による企業活動の強化につなげることも可能です。


一方デメリットとしては、雇用に際して特別な手続きが必要となり、受け入れのための手間が増えること、日本人労働者の採用時とは異なる配慮が必要になることなどが挙げられます。
さらに、採用後のコミュニケーションに関しても注意が必要です。言語のみならず、文化や習慣の違いによる認識の相違などにも配慮しましょう。

【2】外国人労働者を雇用する際の注意点

【2】外国人労働者を雇用する際の注意点

外国人労働者を雇用する際には在留資格の確認が必須です。在留資格の区分により、労働の可否だけでなく、働くことのできる範囲も決まってきます。


在留資格は大きく3つに分けることができます。まず、「永住者」「日本人の配偶者」など、どのような仕事にも就ける資格。「技能」「技術」「人文知識」「国際労務」「企業内転勤」など特定の仕事にしか就けない資格。そして、「留学」「研修」などの基本的には就労できない資格があります。


不法労働者を雇用した場合、雇用主は入国管理法による処罰の対象となるため注意が必要です。外国人を雇用する際には、パスポート、外国人登録証明書、就労資格証明書、資格外活動許可書(留学生などにおける一定時間内の就労許可書)などの書類提示を求め、就労資格や滞在期間をしっかりと確認する必要があります。


そして、雇用が決まったら具体的な労働条件を明示し、しっかりと雇用契約を交わしておくことが必要です。また、外国人労働者にも日本人労働者と同様に労働基準法や健康保険法が適用されるため、雇用条件に応じて速やかに加入手続きを行いましょう。

【3】採用担当者が外国人労働者に関して注意すべきポイント

【3】採用担当者が外国人労働者に関して注意すべきポイント

外国人労働者は、文化や習慣、宗教などの背景により、日本人とは異なる価値観を持っています。そのため、採用担当者は特別の注意と配慮をもって採用に臨むことが必要です。


外国人は一般的に、日本人よりも自分の能力を強く主張する傾向があります。履歴書や職務経歴書に記載されている内容をうのみにすることなく、前職の給与や職務の具体的な内容、退職理由などさまざまな要素を加味した評価を行ってください。
また、業務内容や雇用条件は具体的かつ明確に伝えるよう心掛けましょう。曖昧な表現や条件提示は後々のトラブルのもとになります。しっかりと詳細を確認し合い、合意事項を労働契約書などの書面にまとめてください。


採用が決まった後も、就労時間を明確に区分する、指示は具体的・明確に行う、Yes・Noの区別をはっきりつけるなどのコミュニケーションに配慮をすることが大切です。

おわりに

今回は、外国人雇用の注意点についてご紹介しました。今後の日本の企業では、外国人労働者を雇用する機会がますます増えてくると考えられます。外国人労働者に対しては日本人とは異なる配慮と準備が必要であることを理解した上で、採用活動を行いましょう。