●面接官の心得とは?人材採用面接する側のポイント

面接官の心得とは?人材採用面接する側のポイント

新卒入社・中途入社に関わらず、雇用者と会社のミスマッチにより、入社してすぐに退職するケースが後を絶ちません。早期退職の原因の1つに、採用面接の際に面接官の間で評価軸のズレがあることが挙げられます。面接官の主観的評価が入った場合、どうしても評価の仕方に差が出ます。面接官には、できるだけ主観に左右されず、適切に求職者の能力を見極めるための努力が必要です。

そこで今回は、適切な人材を採用するために必要な「面接官の心得」をご紹介します。人材採用面接を近々開催する予定の採用担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

●欲しい人材の定義を明確にする

欲しい人材の定義を明確にする

面接官の主観による評価のズレを減らすためには、今回の面接で採用したい人材の定義を明確することが重要です。求める人材の定義が明確であれば、どの面接官が面接を担当しても一定レベルの人材が採用できる可能性が高くなります。

人材の定義を明確にする際は、今社内で活躍している社員を分析する方法が有効です。その社員はなぜ入社後活躍することができたのか、その社員を採用したときは「誰が」「どのような観点に基づいて」採用したのか、などの点について考えましょう。活躍している社員の特徴を定量化して考え、「求める人材」を具体的に定義してください。

●面接時の質問内容をきちんと作る

面接時の質問内容をきちんと作る

採用したい人材の定義を明確にした後は、面接時にどのような質問をすることで定義を満たしていると判断できるかを具体的に考えることが必要です。

担当した面接官が、その場に応じて好き勝手に質問をしている状態では、客観的な評価はできません。

求める人材の定義に基づき、面接する側のポイントと質問事項を面接官の間で共有することにより、採用面接の質を高めることができます

●採用支援システムを導入する

採用支援システムを導入する

より質の高い人材要件の定義と面接時の質問の設計を行うためには、入社後に期待通りあるいは期待していた以上の活躍を見せた人物の選考情報や入社後の成果のデータが必要です。

採用関連のデータを蓄積する際は、採用管理システムや応募者管理システムと呼ばれるツールが役立ちます。

採用のミスマッチを防ぎ優秀な人材を獲得するために、採用管理システムの導入を検討しましょう。

●面接官自身がスキルアップする

面接における評価のバラつきをなくすためには、求める人材の定義や面接時の質問内容を明確に定めるだけではなく、面接官自身のスキルアップも欠かせません。求める人材の定義や応募者への質問事項を事前に設計していても、面接官に面接の心構えが備わっていなければ良い面接を行うことはできません。採用スキルの低い面接官では応募者の本質を見抜くことができず、優秀な人材を見逃してしまう恐れがあります。

また、面接官が応募者を選考しているように、応募者も面接官のことを選考しています。面接官の発言や態度が、会社全体のイメージダウンに繋がることもあります。会社を代表する面接官として、品位ある行動・態度を取ることを心掛けることが必要です。

面接官には、応募者との接し方や応募者が話しやすい雰囲気を作り出すためのコミュニケーションスキル、優秀な人材を見抜く鑑識眼など幅広いスキルを磨き、身に付けることが求められます。

●おわりに

将来活躍してくれる人材を獲得するためには、採用したい人材の定義を社内で固め、人材要件を満たす人物を選出するための質問を設計し、面接官としてのスキルを向上させることが重要です。

上記の条件を満たすことにより、面接する側の評価のズレや、応募者が入社前と入社後のイメージのギャップに落胆するリスクも解消できます。人材を採用面接するポイントをしっかり押さえ、優秀な人材を確保しましょう。