●企業が求める人材像を正しく伝える、求人情報の書き方

企業が求める人材像を正しく伝える、求人情報の書き方

以前から、入社3年以内の社員の早期離職率が高いことが問題となっています。早期退職の原因の1つとして考えられることが、「企業と求職者とのミスマッチ」です。企業が人材に求める能力や経験、仕事内容などが求職者に正確に伝わり切らないまま採用することは、入社後に双方が「期待と違った」「失敗した」と落胆することにつながります。

採用のミスマッチを防ぎ、求める人材を得るためには、採用情報の時点で求職者に求める人材像を正確に伝え、条件に合った人材を集めることが大切です。今回は採用担当者に向け、企業が求める人材像を正しく伝えるための求人情報の書き方をご紹介します。

●求める能力・経験を正確に伝える

求める能力・経験を正確に伝える

求める人材像を正確に伝えるための採用情報には、「求める能力・経験」の項目が必要です。求職者に「応募資格があるかどうか」を判断してもらうために、必要な能力や経験はできるだけ正確に記載してください。

例えば、求める能力として「営業の経験が3年以上」と記載する前に、記載する情報として問題がないかをよく確認しましょう。

3年間の営業経験がある方が複数いた場合、在籍企業や個人により能力は異なります。また、営業経験は2年しかない人が、3年間の営業経験がある一般的な人材以上の能力を持っている可能性がないとは言えません。

応募条件に「営業の経験が3年以上」と記載することは、求める人材像に合う人物を、「経験年数が足りない」という理由だけで選考対象外にしてしまう可能性があることも考慮する必要があります。そのような検討を経た上で、それでもやはり営業経験が3年は必要であると判断した場合のみ、「営業の経験が3年以上」と応募条件に加えましょう。

経験年数や学歴などで絞ることに不安がある場合は、「どのような経験をしてきたか」を重視して応募条件を記載することをおすすめします。また、「◯◯の業務が中心となるため、◯◯の業務経験が必要」など、経験や能力が必要な理由を記載することにより、意図をより正確に伝えられます。

求める能力を的確に伝えるためには、あらかじめ自分たちが求める人材像を明確にしておくことが大切です。企業が成果を挙げ、成長するためには、どのような人材が必要であるかよく考えてください。能力、スキル、経験、性格、価値観、考え方などの必要な要素は何か、社内調査などで情報収集を行い、採用したい人物像を具体的に決めておきましょう。

●仕事の内容を正確に伝える

仕事の内容を正確に伝える

「仕事内容」の項目は、求職者が実際に働いている姿を想像できるくらい、具体的に分かりやすく書くことが大切です。

例えば、仕事内容に「◯◯の新規開拓営業」と記載するだけでは、どのような仕事なのか的確に伝えることはできません。どのような商品を、誰に、どのような手法で営業するかなど、公開できる部分はできるだけ具体的に書くことをおすすめします。

具体的な採用情報を書いた方が求職者は「これなら自分の経験が活かせそう」と判断しやすくなり、企業としては求める人材から応募を得られる可能性が高くなります。

具体的な仕事内容が書かれた採用情報は、企業や職場の個性や雰囲気を伝えやすく、求職者の目に魅力的に映ります。競合他社との人材獲得競争に勝ち、優秀な人材を得るためにもとても重要な項目です。

●求める人材を得るために気をつけたいその他のポイント

求める人材を得るために気をつけたいその他のポイント

特にキャリアアップを目指して転職をする求職者の場合、ある程度高い給与を求めていることが一般的です。そのため、給与欄に「◯◯万円以上」などと最低賃金だけを書いても、優秀な人材は得られません。入社後すぐの賃金が低い場合でも、役職ごとの収入例や、入社5年目の収入例なども併記しましょう。能力によって給与が変動する旨を記載することにより、給与にこだわる求職者の関心を得やすくなります。

また、「中途採用の場合、最初は契約社員しか採用できない」などの決まったルールがある場合は、「入社◯年で社員登用の可能性がある」と併記すると良いでしょう。求職者が安心して応募できるよう配慮することが重要です。

●おわりに

採用情報の段階で、求職者に求める人物像を正確に伝えることができれば、面接もスムーズに進みます。採用情報を詳しく書き、応募の段階でミスマッチを減らすことにより、採用業務に掛ける時間を大幅に短縮できます。

また、採用情報だけでなく、企業のWebサイトを充実させることも効果的です。Webサイトに企業や職場の雰囲気が分かるような情報を掲載することにより、求職者は自分が働く姿を想像しやすくなります。そのため、入社後のギャップを最小限にすることができるでしょう。