●採用工数削減を実現する、採用管理システムの比較ポイント

採用工数削減を実現する、採用管理システムの比較ポイント

企業の成長には、優秀な人材の確保が欠かせません。しかし採用業務を行う担当者は、人材配置や人材育成など、採用以外にもさまざまな業務も抱えていること多いです。また、ある程度規模の大きな企業の場合は、人材募集に対して集まる応募者数もかなりの人数になります。一人一人を受付し、その中から選考、絞り込み、面接、通知などを行うためには、莫大な時間と労力が必要です。

もし現在、採用活動に多くの時間を費やしている場合は、採用管理システムを導入することをおすすめします採用管理システムを上手に活用することにより、効率的で効果的な採用活動が可能となり、優秀な人材を確保しながら大幅な採用工数削減を実現できます。

今回は採用工数削減を実現する採用管理システムの比較ポイントをご紹介します。

●複数の求人広告管理が効率的に行えるか

複数の求人広告管理が効率的に行えるか

優秀な人材を確保するためには、できるだけ多くの求職者に「求人していること」を知ってもらう必要があります。そのためには、複数の求人サイトに求人情報を掲載する方法が有効です。しかし、複数の求人サイトに求人情報を掲載した場合、広告原稿の管理や応募者への対応、応募者データの管理などの作業が煩雑になってしまうことは避けられません。作業工数が増えるだけではなく、応募者への対応が遅くなる、連絡ミスが起きるなどの問題も発生しやすくなります。

そのため採用管理システムを選ぶ際は、複数の広告原稿や応募者の管理などを一元化できるシステムを選びましょう。管理を一括化し、「面接の連絡をしたか」「キャンセルがあったか」などの状況を容易に把握できるようにして応募者への対応ミスを防止してください。

●応募から面接日程決定までが自動化されているか

応募から面接日程決定までが自動化されているか

仕事を探している方は、複数の企業へ同時に応募するケースが一般的です。そのため、応募者への対応が遅れると優秀な人材を逃してしまうことになりかねません。

対応の遅れを防ぐためには、応募者への受付メールの送付や年齢・資格による1次スクリーニングなど、機械的な処理が可能な部分を自動化できるシステムを選びましょう

応募から面接日程決定までの時間をできるだけ短縮することにより、採用候補者を取りこぼさず面接に呼び込めます。

●採用業務の問題点を分析できるか

採用業務の問題点を分析できるか

採用業務をより効率化するためには、採用業務全般の現状と課題を把握することが必要不可欠です。例えば、複数の求人サイトに求人広告を掲載する場合、各求人サイトの効果測定を行い、求人サイトの選定や求人広告原稿の見直しを行う必要があります。また、応募から採用までの進捗を可視化し、どの段階で不合格と判断する場合が多いかなどを分析できれば、採用業務のどこに課題があるか分かりやすくなります。

このような採用業務の課題を容易に分析できるシステムを選ぶことにより、さらなる業務改善が可能になるでしょう。

●誰でも使いやすいシステムか

採用業務の効率化に役立つ採用管理システムですが、導入した翌日からすぐに採用業務が楽になるとは限りません。多くの場合、採用業務の担当者がシステムの使い方を理解し、慣れるまでに多少の時間が必要です。そのため、誰でもすぐに操作できるような、できるだけ分かりやすいシステムであるかどうかも大切な比較ポイントです。

便利な機能が豊富なシステムであっても、あまりにも操作が複雑な場合は運用までに時間が掛かったり、操作できる担当者が限られてしまったりします。

●おわりに

新しい人材は、会社にとって非常に重要な財産です。人材を見極めるためには面接にできるだけ時間を割きたいところですが、採用活動における管理や対応に時間が掛かり過ぎては肝心の面接に力を入れられません。

そこで活躍するものが、採用管理システムです。さまざまなポイントを比較しながら適切な採用管理システムを導入することは、会社全体の未来にとって大きなプラスになります。今回ご紹介したポイントを比較し、採用工数削減を実現できる採用管理システムを選んでください。